visual

部活動(文化部)

ジャンベ部

 ジャンベとは、西アフリカに伝わる民族楽器で、大きな木の幹をくりぬいて、ヤギの皮を張ってできた太鼓です。牛津高校ジャンベ部は、このジャンベを叩き、歌い、そして踊ります。現在3年生10名、2年生15名、1年生7名の計32名で、週5日間毎日練習に励んでいます。昨年度の主な活動としては、ジェンベ王国13、小城市児童センターゆうゆう文化祭、国際交流フェスタ、小城市牛津産業まつり、その他にも県内の病院施設等、様々な所で演奏させていただきました。笑顔と元気溢れる演奏で、見る人、聴く人に感動を与えることが、私達「牛っ娘ジャンベ」の夢です。

 

茶道部

毎週木曜日に活動しています。外部指導者の中野範子先生に、基本から丁寧にご指導いただいています。主な活動としては、校外での活動として学校茶道研修会や7月の学校茶道合同茶会への参加、校内では牛津高校文化祭での茶会を開催しています。文化祭でお点前を披露することを目標に日々練習に励んでいます。

平成29年「第33回学校茶道研修会」では200名余りの参加者の前でお手前を披露しました。

 

 

放送部

部員数が増えてますます賑やかになりました。今年度は番組製作にも取り組み、パワーアップした活動を行っていきたいと思っています。放送部は声が命!晴れた日の放課後は、3階の渡り廊下で発声練習を行っています。学校行事やコンテストに向けて、日々、ノドの鍛錬です。番組を制作するにあたっては、先生方や生徒の皆さん、地域方々に取材させていただくことがあると思います。お忙しいとは思いますが、ご協力をどうぞよろしくお願いします。

◎主な成績

  H28年度NHK杯全国高校放送コンテスト 朗読部門 奨励賞  優秀賞 全国大会出場

  佐賀県高校放送コンテスト アナウンス部門 奨励賞

  アバンセ杯放送コンクール 朗読部門 審査員特別賞

  H29年度NHK杯全国高校放送コンテスト ラジオドキュメント部門(ドレスコード)優秀賞 全国大会出場

 

書道部

月曜日・金曜日に活動しています。顧問の先生のほかに、毎週、外部講師の先生に技術的な指導をしていただいています。主な活動としては、毎年7月に唐津で行われる佐賀県高等学校席書大会や、10月の高等学校総合文化祭、1月の佐賀県高等学校臨書展に向けての練習、牛津高校文化祭の浄書などがあります。席書大会では、大きな体育館で他校の書道部の生徒たちと一斉に競い合うという緊張するものですが、時間の自分との戦いであり、私たちの大きな目標のひとつです。学校の文化祭では、作品展示に工夫を凝らしたり、昨年は一人一画ずつ部員全員で書いた大きな作品を制作し、来賓の方々にも好評を得ました。また、毛筆での書だけでなく、履歴書書きや就職後にも役立つ実用的なペン字の練習など、様々な活動を楽しんでいます。書道経験者、初心者ともに、専門の先生にどんどん質問をしながら、新しい字体にも挑戦するなどがんばっています。下の作品は、H29年度「JR主催の牛津町ウォーキング」に参加された皆さんを応援するために書いた書です。記念写真を撮られる方もいらっしゃいました。

佐賀錦部

牛津高校の佐賀錦部は「佐賀錦同好会」として昭和54に始まり、翌年に『佐賀錦部』として部員12名で発足しました。今では、佐賀県唯一の部活動です。創部から38年、佐賀錦部の伝統は確実に受け継がれてきました。今年度は3年生13名、2年生2名、1年生7名の計22名が所属しており、火曜日と木曜日の週2回、和手芸室で活動をしています。竹下てい子先生に外部講師としてご指導いただき、世界で一つの作品を作っています。文化祭では手織りの実演、織り方体験、製作した小物販売も行っています。みなさんも、郷土の伝統文化である佐賀錦に触れ、錦糸一本一本に心を込めて織ってみませんか?

 

和手芸部

今年度は、3年生4名、2年生6名、3年生4名が所属しています。活動日は火曜日と木曜日の週2回ですが、週休日や長期休業中に活動をすることもあります。特に服飾デザイン科の3年生は、デザイン画を描き、実物製作を伴うコンテストの応募に力を入れています。現在は、トートバッグ製作とレジン(樹脂加工)のアクセサリーを制作しています。服飾デザイン科以外の生徒も熱心に活動しています。今後も作品制作を通してものづくりの楽しさを感じられる活動にしていきたいと思っています。

◎主な成績

ファッション甲子園で3年連続入選

UBDCコンテスト入賞

クリエイティブコンテスト出品

 

点字手話部

 点字・手話部は、毎週火曜日と金曜日に保育実習室で活動をしています。指文字を覚えることから始め、本やDVDを見ながら手話による会話の練習をしています。年に5回、県立ろう学校の行事に参加したり本校の行事にお招きしたりしながら、ろう学校高等部の生徒のみなさんと手話を使って楽しく交流を行っています。また、文化祭では手話による歌の披露を行い、本校生徒が手話に興味を持ってくれるように努めています。

 

華道部

毎月、第2、もしくは第3の水曜日の放課後に活動しています。技術面の指導には、外部講師として池坊流の原先生と古賀先生の2名の先生方に来ていただいています。季節の花を素材に自由な発想で楽しく活動しています。全員が初心者から始めていますが、2年目、3年目となるにつれてポイントがわかり、少しずつですがイメージ通りに仕上げることができるようになってきています。生けた作品は校内のあちこちに展示して、みなさんにも楽しんでもらっています。文化祭では自分の作品にテーマをつけて発表しています。暮らしの中に花を飾る喜びを伝えていけたら嬉しいです。

 

美術部

現在部員は15名です。毎日放課後、佐賀県高等学校総合文化祭美術・工芸展の作品制作を中心に各コンクールの作品制作や自分の好きな分野を中心に制作しています。校外の行事では5月のスケッチ大会、11月の総合文化祭、2月のデッサンコンクールに参加しています。また、3年生は、牛津町の乙宮社 天井絵馬の制作もがんばっています。他に牛津町の夏期作品展にも作品を展示しています。昨年度は総合文化祭の美術工芸展で「彫刻・工芸・立体」部門において準特選、デッサンコンクールでは特選を受賞するなど優秀な成績を収めることができました。今年度も良い結果が出せるように全員がんばって制作に取り組みたいと思っています。

 

食物部

 楽しく料理、お菓子を中心に活動を行っています。37名の部員で学科学年を超えてそれぞれ意見をだして活動内容を決め、よい交流の場にもなっています。昨年度からは、中国本場の水餃子や担々麺をプロから習い、挑戦しています。これからも楽しく料理やお菓子作りの楽しさを伝えていきたいと思います。

 

園芸部

 園芸部は毎週水曜日に主に活動しています。スナップエンドウやトマト、ピーマン、なす、きゅうりなどの身近な野菜から、バジルなどのハーブも育てています。秋に収穫したさつまいもを使って、食物部と一緒にお菓子を作ったりと楽しく活動をしています。今年は、収穫した安心・安全・無農薬の牛津高校産野菜をより多くの方に、提供できたらと思っています。

 

音楽部

活動としては、年3回「きまぐれコンサート」と題して校内でコンサートを行っています。また、地域の方々と音楽を通して交流する機会を拡げています。小城市保健福祉センターアイルのクリスマスコンサートにおいては、毎年歌やトーンチャイムの演奏を披露しています。小城市でお行われた「ア・カペラコンテスト」では、審査員特別賞をいただきました。また、今年8月には全国総文祭みやぎ大会に出場します。ただ今の部員は10人ですが、歌うことが好きで集まった仲間とともに、ハーモニーを作る喜びを共有しています。大きなステージに立って歌うまでにはたくさんの壁もありますが、一つ一つステージを経験する中で、人間的に精神的にも大きく成長していきたいと思います。いつも支えていただいている方々への感謝の気持ちを忘れず、聞いていただく方々に想いを伝えられるように、今後も日々の練習に取り組みます。