visual

知・徳・体の育成

入力日 2016-10-27 閲覧 537
タイトル 教科日本語で日本人の教養を学ぶ
内容

  「日本の言語や文化に親しむことにより、日本語の持つ美しさや、日本人が持っている感性、情緒を養い、日本人としての教養を身に付け、我が国の言語や文化を継承し、新たな創造へとつないでいく態度を育てる。」ことを目標として,鳥栖市は教科「日本語」を正式な教科として文部科学省に特区申請し,特色ある教育を推進しています。

 加速度的に国際化が進む現在,日本人としての感性や情緒を備えた,世界に通用する国際人を育成する事は「夢や目標をもちチャレンジする生徒の育成」をめざす本校にとっても重要な課題の一つです。

本校では10月に入り3年生では「茶道」で,また,2年生では「着物」で,外部の講師をお招きし,体験学習を行いました。

日本人としての教養を楽しく学ぶ時間でした。