visual

学校紹介

武雄市の北に位置し、昭和47年4月、武内中学校と若木中学校が合併統合され、武雄市立武雄北中学校となりました。前者を武雄北中学校武内校舎、後者を武雄北中学校若木校舎と呼称し、両校舎にて教育が行われ、昭和51年9月に新校舎へ移転し、実質統合となりました。同年9月3日に新校舎落成式並びに開校式が行われました。
本校区は武雄市北部の山間地帯にあり、多久市・伊万里市及び山内町に隣接し、東に八幡岳、西に黒髪山を望み、松浦川の上流真手野川・川古川が校区の武内町・若木町を潤しており、恵まれた自然環境の中にあります。武内町の馬場の桜や若木町のジラカンス桜が見事です。武雄市の見どころはこちらから。
校区内では、近年、圃場整備や畜産・園芸等、経営の複合化による生産性の向上がはかられていますが、その多くは兼業農家であって、武雄市の中心部や隣接市町村への通勤者が多いです。しかし、若木町の武雄工業団地への企業の進出、中央の大手資本によるゴルフ場の開業等により大きく変貌しています。また、地域浮揚策として、若木の天然記念物の大楠を核とした大楠公園の建設、武内町の黒牟田焼や多々良焼といった伝統工芸への再認識、両町に受け継がれている勇壮華麗な舞浮立の伝承等により、地域の活性化が図られています。

若木中武内中

<アクセスマップ> ※( )の時間は所要時間の目安です。

 

※ 「武雄市市内循環バス」の案内はこちらです。


平成29年度の本校教育目標は、「学ぶ」「耐える」「感動する」生徒の育成です。学校経営ビジョンとして、
Ⅰ 学校経営ビジョン

  1. 目指す学校像挨拶でつながり、子どもたちの夢を支援する学校仲間と共に支え合い、安心して生活できる学校掃除が行き届き、環境整備に取り組む学校保護者・地域等の期待に応える学校
  2. 目指す生徒像夢をもち、夢に向かって前進する生徒自ら考え、仲間と共に学び合い、確かな学力を身に付ける生徒たくましい気力と体力をもち、粘り強く困難に挑戦する生徒郷土を愛し誇りに思う生徒
  3. 目指す教師像使命感にあふれ、常に学び続ける教師分かる授業のために、互いに研鑽に励み、授業で勝負する教師生徒をこよなく愛し、生徒の感動や悩みを共感できる教師豊かな人間性や社会性をもち、総合的な人間力のある教師

としました。また、教育の重点として、“face to face”を基本に、家庭・地域と緊密に連携しながら、以下のことをあげています。
Ⅱ 教育の重点

  1. 人間力を育てる「夢プロジェクト」の推進
    ユネスコスクールの認定を最大限に生かす。地域貢献をキーワードにするとともに、自主性を前面に打ち出し果敢にチャレンジしていく生徒を育てる。
  2. 確かな学力の育成
    次期CSの改訂に向け、深い学び、対話的な学び、主体的な学びをキーワードとして「論点整理」を参考にしながら、協働的問題解決能力を育む。また、タブレット端末の活用にかかり、数学科と理科のスマイル学習を充実させ、他教科についても効果的な活用を推進する。
  3. 豊かな心の育成
    豊かな心を育成するために、学校行事や体験活動、道徳教育の充実を図る。自問掃除の定着や花いっぱい運動などを通して、生徒一人一人が自分たちの学校に誇りと郷土への愛着がもてるように支援する。
  4. たくましく生きるための健康と体力の増進
    将来的な食の自立につながる食育を目指す。
    また、それぞれの部活動において、「24時間○○※)」の定着を目指し、生活面すべてを意識させつつ、「限界に挑む気迫、集中。いまをどうするか」をコンセプトとする。
    ※)「○○」はそれぞれの部活動を当てはめる。
     

<学校評価>


 

<学校パンフ>(H29年度版)

平成29年度の生徒数(H29.3現在)は、

 男子女子合計
1年  28
2年15(1)2237
3年131023

全校生徒数は88名の予定です。
2年男子の( )数は、特別支援学級生徒です。

 

教育目標は次の3つとしています。

「学ぶ」
  • 確かな学力の育成
  • 学力向上
  • ICT利活用教育の推進
「耐える」
  • たくましく生きるための健康と体力の増進
  • 健康、体つくり
  • 体力の向上
「感動する」
  • 人間力を育てる夢プロジェクトの推進
  • 魅力ある学校づくり
  • 心の教育
  • 豊かな心の育成
  • いじめの問題への対応

 

教育目標「学ぶ」「耐える」「感動する」
  • 学校だよりはこちらのリンク先から

学校ホームページ運用規定はこちら(pdf)。