visual

学校沿革

1 要旨

本校は、明治9年 (1876年) 、藩校弘道館の流れを継承し、佐賀変則中学校として開校以来、平成27年をもって創立140周年を迎えた。この間、教育制度のさまざまな改革もあって、学校の構成・規模・校名も変遷を辿ってきたが、開校以来、「質実剛健・鍛身養志」の建学の精神は受け継がれ、各界に幾多の有為な人材を輩出してきた。

 

 

2 沿革

1876年 (明治9年)佐賀変則中学校として開校 (藩校弘道館跡に設立)
1883年 (明治16年)佐賀県佐賀中学校と改称 (6年修業)
1895年 (明治28年)現在地に校舎新築移転
1901年 (明治34年)佐賀県立佐賀中学校と改称 (5年修業)
佐賀県立佐賀高等女学校開校
私立成美高等女学校開校
1920年 (大正9年)私立成美高等女学校を佐賀市に移管、佐賀市立成美高等女学校と改称
1945年(昭和20年)戦時特例として4年制の卒業生を出す
1946年(昭和21年)      〃
1948年 (昭和23年)佐賀中学校を佐賀県立佐賀第一高等学校と改称 (3年修業)
佐賀高等女学校を佐賀県立佐賀第二高等学校と改称 (3年修業)
成美高等女学校を佐賀市立成美高等学校と改称 (3年修業)
1949年 (昭和24年)佐賀第一高等学校、佐賀第二高等学校、成美高等学校の3校の統合がなり、佐賀高等学校となる。定時制及び通信制を併置する
1957年 (昭和32年)佐賀市上多布施町に北校舎を新築し第1学年1000名を収容、3学年合わせて3000名の生徒数となる
1962年 (昭和37年)佐賀高等学校分離決定 (佐賀西高、佐賀北高、佐賀東高)
1963年 (昭和38年)佐賀西高等学校として分離(定時制併置、通信制は佐賀北へ移管)1回生定員 477名 (9学級) 佐賀中学校からの伝統を継承する
1965年 (昭和40年)3回生定員 530名 (10学級) 全校生徒数 1、530名
1971年 (昭和46年)9回生定員 450名 (10学級)
1973年 (昭和48年)校地内に新校舎建設始まる
1976年 (昭和51年)創立100周年記念式典を挙行する
1986年 (昭和61年)創立110周年記念式典を挙行する
1995年 (平成7年)33回生定員 400名 (10学級)
1996年 (平成8年)34回生定員 360名 (9学級) 全校生徒数 1、126名
定時制課程を閉じる(卒業生総数2,770人)(卒業生総数(全定) 60,296人)
創立120周年記念式典を挙行する
1998年(平成10年)36回生定員 400名(10学級)
1999年(平成11年)37回生定員 360名(9学級)
2001年(平成13年)CAIコンピューターシステム整備
2002年(平成14年)普通教室棟冷暖房設備整備
2003年(平成15年)41回生定員 320名(8学級)
2006年(平成18年)創立130周年記念式典を挙行する
2007年(平成19年)生徒昇降口新設
エレベーター及び多目的トイレ設置
2013年(平成25年)体育館南多機能トイレ整備
2014年(平成26年)52回生定員 280名(8学級 少人数学級実施)
2015年(平成27年)53回生定員 280名
2016年(平成28年)

第3学年8学級 少人数学級実施

創立140周年記念式典を挙行する

 

 

3 歴代校長

佐賀中学校  (明治 9年〜昭和23年)初 代 相浦  肇校長 以下20代校長まで
佐賀高等女学校(明治34年〜昭和23年)初 代 横尾 義男校長 以下9代校長まで
成美高等女学校(明治34年〜昭和23年)初 代 高橋喜太郎校長 以下9代校長まで
佐賀高等学校 (昭和24年〜昭和40年)初 代 宮田 虎雄校長 以下3代校長まで
佐賀西高等学校(昭和38年2月〜昭和39年3月)初 代 西村 芳雄
 (昭和39年4月〜昭和41年3月)第2代 森  一郎
 (昭和41年4月〜昭和47年3月)第3代 元村 光明
 (昭和47年4月〜昭和49年3月)第4代 田坂 守人
 (昭和49年4月〜昭和52年3月)第5代 元村 光明
 (昭和52年4月〜昭和54年3月)第6代 花島 廣次
 (昭和54年4月〜昭和58年3月)第7代 釈  憲正
 (昭和58年4月〜昭和60年3月)第8代 和久井禎治
 (昭和60年4月〜昭和63年3月)第9代 坂本武一郎
 (昭和63年4月〜平成3年3月)第10代 石丸 虎彦
 (平成3年4月〜平成5年3月)第11代 荒巻甲子郎
 (平成5年4月〜平成7年3月)第12代 宮原 照明
 (平成7年4月〜平成11年3月)第13代 久保田勝吉
 (平成11年4月〜平成14年3月)第14代 吉田 宗利
 (平成14年4月〜平成16年3月)第15代 山崎 丈夫
 (平成16年4月〜平成20年3月)第16代 辻  裕一
 (平成20年4月〜平成24年3月)第17代 梶原 彰夫
 (平成24年4月〜平成27年3月)第18代 平山 又一
 (平成27年4月~平成29年3月)第19代 古賀 信孝
 (平成29年4月〜第20代 松尾 敏実