visual

ケンジロウのふるさと発見!

入力日 2018-10-10 閲覧 2857
タイトル 思い出のアルバム⑬ゆのしき
内容

 思い出のアルバム、13ページ目からは「公民館資料展示室」の民俗資料を見ていきましょう。今回は蒸気で布地の皺(しわ)を伸ばす「湯熨斗器(ゆのしき)」です。

 よく「炭火アイロン」と混同されますが、こちらには底面に蒸気を吹き出す孔があります。中に炭火などと水を入れて使いますが、蒸気孔からお湯が吹き出したり、動かした時にお湯がこぼれたりしないような工夫がされています。いつ頃まで生産・使用されていたかは分かりませんが、明治34年(1901)に特許が取得(※)されています。

(※独立行政法人 工業所有権情報・研修館「特許情報プラットフォーム」を参照しました)

文化財専門員:ケンジロウ