visual

ケンジロウのふるさと発見!

入力日 2018-09-10 閲覧 328
タイトル 思い出のアルバム⑪炭鉱住宅
内容

 思い出のアルバム、11ページ目は炭鉱住宅の屋根の列と二本煙突で、ボタ山から撮影されたと思われる写真です。

 キャップランプが炭坑労働者のシンボルなら、右奥に写る2本煙突は「ボタ山」と並ぶ産炭地のシンボルです。

 長く伸びる長屋の手前の小さい屋根は共同便所で一棟ごとに一ヶ所、水道も共同水道でした。

 当時の航空写真を見るとこのような住宅街が町の中心部に密集しています。人々はこの巨大な共同体の中で喜怒哀楽をも共にして生きていました。

 

文化財専門員:ケンジロウ