visual

ケンジロウのふるさと発見!

入力日 2018-08-01 閲覧 5075
タイトル 思い出のアルバム⑩充電施設
内容

 思い出のアルバム、10ページ目は部外者の目には触れる機会が無かったと思われるキャップランプ用蓄電池の充電施設で、昭和30年頃の写真です。

 車のバッテリーと同じ鉛蓄電池で、10時間ほどの容量がありました。自分の名札と引き換えにランプと充電済みの蓄電池を受け取って入坑し、上がってくるとまたランプと蓄電池を名札と引き換えることで入坑者の人員管理もされていたそうです。

 この小さな明りで採掘に従事した人、それを支えた様々な職種の人、多くの人たちによって炭鉱は支えられていました。

文化財専門員:ケンジロウ