visual

ケンジロウのふるさと発見!

入力日 2017-02-09 閲覧 3425
タイトル 方言の話4
内容

 このコーナーで方言を取り上げていたら、幼いころ祖父母から聞いた昔話を思い出しました。祖父母もその話を自分たちの両親や祖父母、あるいは地区の古老から聞かされ、覚えていたのでしょう。著者・作者が分からない昔話や伝説は、そうやって聞き覚えた人が語り直す「再話」の繰り返しで伝承されます。

 幼い頃ほぼ毎晩、布団で聞く祖母の昔話はとても面白く、お決まりの締め言葉「そいばーっきゃ(そればっかり=これでお終い)」を聞いても「まあいっちょ(もう一つ)」と別の話をねだった記憶があります。すると祖母は「あいば、まあいっちょ話ばしゅうで(だったら、もう一つはなしをしようね)」と別の話をしてくれました。

 昔話はその内容だけでなく、語られたときの様子までも伝えます。話をしてくれた祖母から「つくりゃ入れてむぞがられた(懐に入れ(るようにして)て愛しまれた)」幸せも思い出しました。

 

大町町文化財専門員 ケンジロウ

方言の話3 2017-01-13
方言の話5 2017-03-06