visual

大町町の伝説

入力日 2014-10-07 閲覧 28665
タイトル 「ヤスマキ」の名前の由来
内容

 源為朝らが大蛇退治に向かう途中で大蛇の外に悩まされていた住民らから感謝の酒を献上されたところ、為朝はたいそう喜んでその場所に幕を張って酒宴を開いた。その場所は「夜酒幕」と伝えられ、そこから「ヤスマキ」と呼ばれるようになった。

 また別の伝説は勅使(天皇の遣い)の共であった天野遠景が同じく住民から献上された酒に感激して酒宴を開き、また流鏑馬を催した場所とも伝えている。

※「ふるさと発見!!」ヤスマキ参照