visual

お知らせ(社会教育)

入力日 2018-02-06 閲覧 746
タイトル 公民館だより22
内容

文責: 大町町公民館

 

今年も早2月  如月(きさらぎ)の語源と由来≫

 昨年の暮れに月日が過ぎ去るのは早いものと言ったばかりですが、つい最近正月を迎えたと思ったのに、もう2月になりました。

 さて2月の異名は「如月(きさらぎ)」といい、旧暦2月は新暦では概ね3月頃にあたります。「きさらぎ」は寒さで着物を更に重ね着することから「着更着」とする説が有力とされますが、他に気候が陽気になる季節で「気更来」「息更来」とする説、草木が生え始める月で「生更木」とする説、草木の芽が張り出す月の「草木張り月(くさきはりづき)」が転じたとする説などがあるようです。寒さだけではなく、春の到来をも予感させる言葉ですね。

 

鬼は外へ・福は家へ ≪節分・豆まきの由来≫

 節分の2月3日には各地で豆まきが行われるようですが、これは中国の習俗が伝わったものとされ、豆は「魔減(まめ)」に通じ無病息災を祈る意味があるようです。また京都の鞍馬に鬼が出た時、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したと言う話もあり、「豆」は「魔の目」に投げつけ減す(魔減)に通じるという説もあるようです。

 昔は一家の主あるいはその年の干支生まれの人が豆をまくものとされていたようですが、今では家族みんなで豆をまくというところも多いのではないでしょうか。まいた後は自分の数え年の数だけ食べると健康でいられると言われるようですが、実際のところ私のように年齢を重ねてきますとそんなに食べるのも無理があるようにも思えますが皆様如何なものでしょう。

 

図書室からのお知らせ≪ 新しい本の紹介

 児童・幼児用の昆虫世界のサバイバルシリーズ・動物病院シリーズ・くまちゃんシリーズ・おことわりシリーズなど楽しい本が沢山入っています。ぜひ図書室で色んな本と仲良しになってください。成人用の“漫画君たちはどう生きるか”やイシグロカズオさんの本を購入しました。また、幼児の皆さんが遊べるスペースも用意しておりますのでぜひ皆さんお出掛け下さい。

 

風邪には注意を!! ≪インフルエンザ流行中≫

 寒い日々が続いているようですが風邪には十分注意しましょう。学校では学級閉鎖も出ている様子。また、ご年配の方は肺炎にかからないよう体調には十分気をつけて食事はきちんと取り部屋を暖かくして過ごしましょう。外室先から戻ったら手洗いうがいなどを忘れずに心がけましょう。