visual
入力日 2018-08-01 閲覧 2655
タイトル 緑の少年団「緑の探検学習会」
内容

 緑の少年団は、昭和35年に社団法人国土緑化推進委員会(現在の公益社団法人国土緑化推進機構)が「グリーンスカウト」の名で緑化を実践する少年団を作るようよびかけたのをきっかけに発足し、昭和40年代には、全国各地で小・中学生を中心に緑の少年団が結成され、その輪が広がっていきました。緑の少年団は、次世代を担う子供たちが森林や自然、身近な環境を大切にしていくことを学び、身をもって体験することで 「自然を愛し、人を愛し、社会を愛する心豊かな人間に育っていくこと 」を目的とした自主的な組織です。

 大町町でも緑の少年団が組織されており、団員の児童が、地域社会に対する奉仕活動や緑化活動、森林学習活動など多様な活動を展開しています。

 

 平成30年8月1日(水)大町町緑の少年団7名の小学生が、北山での「緑の探検学習会」に参加しました。県内の他の市町の団員と一緒に、環境学習を行います。今回の学習で、自然を愛し、人を愛し、社会を愛する大町ひじり学園のリーダーとしての活躍を期待しています。