visual

校長あいさつ

ご挨拶

 学校教育目標(前半部分)

                         校長 牟田泰明

 このページは、学期ごとに書き換えています。前回は「白昼夢~理想の学校の~」でした。学校長のあいさつらしくありませんでしたので、今回は 襟を正して、学校教育目標について真面目に書きます。2回に分けて、今回は、前半の「三根中学校に誇りをもつ生徒を育てる」について説明します。

学校教育目標:三根中学校に誇りをもつ生徒を育てる~自主、自律、寛容の態度形成を通して~

 さて、三根中学校とは何か。これは、生徒、教師、保護者、地域の人の共同体であると考えます。この当たり前のことが、学校を考える際の基本になります。別の言い方をすると、私たちが学校を構成している。構成者であるあなた個人、私個人も学校となります。良い学校は、良い個人を育て、良い個人がよい学校を構成するという相互の連環があります。このように、理屈っぽく言わなくても、「自分の子供のことだけを考えてもダメ。みんながよくならないとうちの子もよくならない。」PTA活動を長くされた方からよく聞くことばですが、これが共同体である学校を端的に語っています。

 「学校に誇りをもつ」とは、素晴らしい友、先生に出会えてよかった、そういう人と同じ所で学んでいる私でよかった。そう思うことではないでしょうか。

 昨年の文化祭で私が披露した歌の繰り返し部分を紹介します。

 ああ、三根中、われらの誇り ♪ 

 ああ、三根中、ここでよかった ♪♪

 副題の「自主、自律、寛容の態度形成を通して」については次回、3学期の挨拶に回します。                                         

                                  2018年10月