visual

お知らせ

入力日 2019-06-13 閲覧 160
タイトル 赤門の横の大楠が 鹿島高校同窓会の寄贈で オブジェとして復活しました。
内容

 

「僕たちはワープできる We can warp. 」

  2019年5月22日 寄贈

   制作者:田中 右紀 佐賀大学教授(鹿島高校卒)

       永尾  淳史 有田工業高校教諭(鹿島高校卒)

     場  所:鹿島高校教室棟1階廊下

 

このオブジェは、佐賀県重要文化財に指定されている鹿島高校の「赤門」横の「大楠」が塀を壊す懸念から2017年1月に伐採されたもので、鹿島高校OBである2人の制作者の手により、2019年オブジェとして復活しました。

 

  「明治維新の後の大変革を迎える時代。情報や記憶は時間や空間を超えて凝縮され、

   拡散する。クスノキが見てきた長い年月に思いをはせてほしい」(田中教授)

   「生徒を見守り、感性を育む存在になれば」(永尾教諭)