visual

にあんちゃん

「にあんちゃん」

 

 

小学5年生のころ・・・・

 

 

 この写真(しゃしん)の人、

知(し)っていますか?

「にあんちゃん」の作者(さくしゃ)、

安本(やすもと)末子(すえこ)さんです。

「にあんちゃん」は、小学生の女の子が書(か)いた日記(にっき)です。両親(りょうしん)がいなくても、まずしくても、力いっぱい生(い)きていきます。

 家(いえ)でのことや学校での生活(せいかつ)が、えがかれています。そして何(なん)と!学校というのは、この入野小学校のことなのです。

 びっくりですね。

 

『 にあんちゃんがきたので、
「末子たべんから、べんとうやるけん、とりおいで」というと、
「そがんことせんで、おまえたべれ」といってしかられました。
 にあんちゃんだって、ひもじいのです。それでも、私を思ってたべないといわれたのです。

にあんちゃんがたべなかったので、私もたべませんでした。』

 

 

 

 

 

末子さんがいたころの入野小学校

わたしたちの せんぱいになります。  あなたの家の おじいちゃん、おばあちゃんが いるかも・・・。