visual

学校の歴史

 有明東小学校は、明治8年「公立牛屋小学校」として牛屋・横手二ヶ村組合にて作られました。

しかし、まだ校舎はなく西光寺西の民家を借用して開校しています。
 

 まだ、校長先生はだれもいなかったのですが、開校から10年目に初代千布校長先生が 赴任されました。

千布校長先生が有明東小学校のいろいろな伝統を作り上げられ、今に受け継がれています。
 

 その後何回か校名が変わりましたが、昭和30年に有明東小学校となりました。

 

 

 

「誠」は、有明東小学校の心です。
 

  千布初代校長先生が
     いつも大事にしておられた言葉だそうです。

 

 

 

 

主な沿革史
年  月 記             事
明治8年1月牛屋横手二ヶ村組合にて牛屋小学校創立
明治33年9月南有明尋常高等小学校となる
大正9年1月校歌制定
昭和22年4月6・3制 南有明小学校となる
昭和37年10月有明町立有明東小学校と改称
昭和62年3月現在の新校舎を落成・新明分校廃校
平成元年~ICT機器導入、設備・備品の設置、校舎改修(主に地盤沈下に伴う改修)を重ね、現在に至る。